© Business & Law LLC.

DETAIL

受講方法 オンライン録画配信
視聴時間 第1回:2時間29分
第2回:3時間
難易度 初級~中級
プログラム

※本セミナーは2020年9月1日に収録したWebセミナーです。受講料お振込み後に視聴URL/PWおよび資料を送付します。
 近年スタートアップ企業は、ヘルスケア・テックや、FinTech、IoT、VR(バーチャル・リアリティ)、AI、ロボットなど、数々の新規テクノロジーを生み出しながら多くのビジネス領域において目覚ましい革新をもたらし、その流れは新型コロナがもたらすパラダイムシフトにおいてさらに大きな社会的存在となってきており、事業会社、VCなど多くの投資家から資金を集め事業を加速化しています。
 ところが、スタートアップ投資において締結される投資契約、株主間契約などにおける規定ぶりを見てみると、各規定の内容への理解が表層的であるがゆえに定型的な文言の羅列のみで終わっていて、当該案件に即した対応ができておらず、実際には機能しない契約内容になってしまっており、いざとなったときに初めて、自らの考えが達成されないことに気が付くような案件のご相談が残念ながら少なからずあるのが実情です。
 本セミナーでは、「スタートアップ投資の完全理解 Ⅰ(重要ポイント編)」と題し、多くのスタートアップ投資案件を事業会社・VCを含む投資側・スタートアップ側の双方で取り扱っている講師が、全2回で、スタートアップ投資についての基礎的な理解、スタートアップ投資に即したデュー・デリジェンスの進め方から、スタートアップ投資契約の各条項までスタートアップ投資全体への包括的かつ真の理解を図るべく、一般的なご説明にとどまることなく、実務で実効性をもっていかに有効に機能させるかの観点から一歩踏み込んで、スタートアップ投資の実務において理解しておくべきポイントについて解説いたします。
 なお、本セミナーは、「スタートアップ投資の完全理解 Ⅱ(契約詳解編)」全2回として、投資契約(種類株式に関する発行要項を含む)及び株主間契約のサンプルを用いて全条項をその陥し穴とともに逐条解説する次回シリーズへと続くものですが、本セミナーでも各条項の例文は豊富に含めており、本セミナーにより実務的な理解が十分に得られます。

※全2回セット(書籍付)お申込者には、2020年12月出版の 「スタートアップ投資契約―モデル契約と解説」(商事法務・税込5,940円)を進呈いたします。
※書籍はスタートアップ投資の完全理解 Ⅱ(契約詳解編)で進呈するものと同じです。

【プログラム】
<第1回>
I. 近年のスタートアップ投資の特徴
 (1) 最近の一般的傾向
 (2) 新型コロナの与える影響
 (3) EXITの方法

Ⅱ. スタートアップ投資の方法
 (1) スタートアップ投資のタイプ
 (2) スタートアップ投資の方法
  ●ファンドの形式、CVCの留意点
  ●種類株式の設計
   ①優先株式(剰余金の配当・残余財産の分配)
   ②取得請求権付株式
   ③取得条項付株式
   ④種類株主総会
   ⑤役員選任権
   ⑥議決権
  ●定款と契約との役割分担

Ⅲ.スタートアップ投資の効率的デュー・デリジェンス
 (1) スタートアップ投資のデュー・デリジェンスの視点
 (2) デュー・デリジェンスのカスタマイズ
 (3) デュー・デリジェンスの進行
 (4) スタートアップ投資特有の気をつけるべきDDポイント
  ●株式
  ●許認可・コンプライアンス
  ●契約
  ●知的財産権
  ●人事労務
  ●紛争
  ●その他

<第2回>
Ⅳ.スタートアップ投資にかかる契約の重要ポイント
 (1) 投資契約・株主間契約・提携契約の全体像
 (2) 投資契約・株主間契約・提携契約において、特に留意すべき条項
  ●投資関連契約上の視点
  ●出資に関する条項
  ●表明保証・補償請求
   ・表明保証違反に対する実効的サンクション
  ●経営関与に関する条項
   ・取締役・オブザーバーの派遣
   ・承諾権、報告事項の使い分け
   ・経営株主の職務継続義務、違反の効果
   ・キーマンクローズ
  ●保有株式に関する条項
   ・株式譲渡に関する制約の原則の肯否
   ・Right of First Refusal、Tag-Along Right、Drag-Along Right及びそれらにまつわる諸論点
  ●買取請求権設定のポイント
  ●みなし清算
  ●事業提携に関する条項

参加費(税込) 全2回セット(書籍付)  :49,800円
全2回セット:46,200円
第1回のみ :25,850円
第2回のみ :23,100円
講師名

龍野 滋幹 氏(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー弁護士)

プロフィール

2000年東京大学法学部卒業。2002年弁護士登録(第二東京弁護士会)、アンダーソン・毛利・友常法律事務所入所。2007年米国ニューヨーク大学ロースクール卒業(LL.M.)。2008年ニューヨーク州弁護士登録、2007年から2008年にかけてフランス・パリのHerbert Smith法律事務所にて執務。2014年11月から東京大学大学院薬学系研究科・薬学部「ヒトを対象とする研究倫理審査委員会」審査委員。M&A、ジョイント・ベンチャー、ファンド組成・投資や会社法及びAI・データ・ヘルスケア等の関連取引・規制アドバイスその他の企業法務全般を取扱い、VCファンドやスタートアップの顧問を務めるなど、多くのスタートアップ投資案件を投資側・スタートアップ側の双方で取り扱っている。

参加対象 法務部、経営企画部、M&A実務に携わる方など
※法律事務所勤務の弁護士の方にはご遠慮いただいております。
オンラインセミナー の受講方法

■動画共有サイト「Vimeo」にて配信します。お申込み前にご確認ください。
 セキュリティの設定や動作環境によってはご視聴いただけない場合があります。
◎テスト動画視聴URL:https://vimeo.com/516602657 パスワード:Vg5J3Ld

※テスト動画視聴手順はこちら
■視聴時の推奨環境はこちら (※別途Google ChromeにVimeo repeat & speed拡張機能を追加すると倍速再生することも可能です)
■受講料お振込み後に視聴URL/PWおよび資料を送付します。
■視聴可能期間はURL送付から60日間です。視聴期間中は何度でも視聴可能です。

ジャンル M&A
主催

Business & Law 合同会社

備考欄

■1申込みにつき、1名の受講に限定しております。複数名で受講される際は1名ずつお申込みください。
■同業者・競合する方と判断した場合には、主催者都合により申込みをお断りする場合があります。
■銀行振込先情報は申込受付後にメールにて送信します。クレジットカードでのお支払いも可能です。
■クレジットカードの領収書はカード会社から発行される明細書になります。
■受講料お振込み後に視聴URL/PWおよび資料を送付します。
■セミナー内容は予告なく変更となる可能性があります。

問合せ先

Business & Law 合同会社 セミナー担当
Email : seminar@businessandlaw.jp

プログラム

注意事項

■一部例外セミナーを除いては法律事務所勤務の弁護士の方のお申込みはご遠慮ください。

■有料セミナーで銀行振込をご選択の方へは後日ご請求書をメールでお送りします。

■振込手数料はお客様のご負担にてお願いします。

■キャンセルポリシー

<オンライン録画配信の場合>

 お申込み完了時点で参加費用が発生します。いかなる場合もキャンセル・返金はできません。

<会場受講/オンラインライブ配信の場合>

 参加費お振込前: キャンセルの場合は開催日の3営業日前18時までにご連絡ください。それ以降のキャンセルは全額参加費をご請求いたします。(営業日:平日)
 参加費お振込後: いかなる場合もキャンセル・返金はできません。

このセミナーに申し込む