© Business & Law LLC.

DETAIL

受講方法 ●録画配信(21年9月上旬~3週間配信予定)
視聴時間 約1時間
概要

【8/26ライブ配信受講者アンケート結果(N=141名)】

◆1時間という限られた時間で、ここまでしっかりと各国の個人情報保護法制の概要やポイントを解説頂けると思っていませんでした。内容も実務的なアドバイスが多く、大変勉強になりました。
◆EUのGDPRのみならず、各国の域外移転に関する最新の動きの概要を聞くことが出来た。
◆講師は、この道に実際取り組み知識が豊富あることが話の節々で見られ、自信をもって講義をしておられたから。話が非常に面白かった。
◆世界各地域に拠点があるので、全体感をつかみたかったため、そのような内容であった。
◆大きな動きはもちろん、それとの関連性、考え方の軸、グローバルでの動きをまとめていただけて大変俯瞰してみるのに役立ちました。本質的な部分を理解して関連性をつかみながら理解を進めることが大事だと感じることが多く、正しく恐れる姿勢で向き合う必要があると思っています。

プログラム

※受講いただける方へは視聴URL&講演資料メールを9月2日(木)17時にお送りしております。迷惑メールフォルダに割り振られている可能性もございますのでご確認ください。(9月2日17時以降にお申込みの方へは申込情報確認のうえ、3営業日以内に視聴URLをお送りします)
※21年8月26日収録セミナーです。

 2021年上半期も各国のデータ保護法にはめまぐるしい動きがありました。企業がグループでのデータプライバシーコンプライアンスを確保するためには、各国のデータ保護法の概要をつかんでおく必要があります。また、来年4月1日施行の改正個人情報保護法の下では、個人データの越境移転先の国の法制度の確認が必要であり、それに向けた対応の前提として、各国の法制度がどのようなもので、どのようにそれを把握していくのか、体制を整備する必要があります。
 本ウェビナーでは、各国データ保護法の最新事情をダイジェスト的に紹介した上で、実務対応のポイントを解説します。

 

◆データ保護法を巡る世界の潮流
   ・GDPRの世界への波及~Brussels Effect~
   ・Cookie等のデジタルマーケティング規制の強化
   ・AI規制、顔認証など、高リスクとされる分野の規制強化
   ・データフローの安定性確保に向けた政策・実務動向

◆各国データ保護法の最新事情
  (1)米国
   ・州レベルでの包括的なプライバシー法制成立の動向
   ・連邦プライバシー法の制定に向けた動き
  (2)EU
   ・改訂版SCCの公表
   ・越境移転影響評価の実務
   ・制裁金事例の傾向~約970億円の高額制裁金事例の登場。その他の制裁金事例は?
   ・施行から3年が経過したGDPRへのあるべき備え
  (3)英国
   ・Brexitの前後で何が変わったか~英国GDPR?英国代理人?
   ・8/11公表の英国版データ移転契約と越境移転影響評価ツール
   ・EUの改訂版SCCは英国でも利用可能か?
  (4)中国
   ・データ法の公表
   ・個人情報保護法の制定に向けた動き
  (5)東南アジア
   ・改正シンガポール法の下でのデータ漏えい対応の実務
   ・APECの越境データ移転のためのモデル契約(Model Contractual Clauses, MCCs)の実務
   ・タイ、ベトナム、インドネシアの最新動向
  (6)南米
   ・ブラジルLGPD違反の執行開始、実務動向
  (7)その他
   ・新法制定に向けた動向

◆日系企業の実務対応
  (1)改正個人情報保護法の下での個人データの移転先の国の法制度の調査
   ・どの国の法制度について自社で調べないといけないか?
   ・十分性認定国とCBPR認定国のおさらい
   ・各国の法制度の調査方法
  (2)グローバルでのデータ共有への対応
   ・データ移転契約と同意の実務
  (3)各国でのデータプライバシーコンプライアンス対応の要諦

定員 ライブ配信(500名)/録画配信(1,500名)
参加費(税込) 無料(事前登録制)
講師名

◆石川智也 氏(西村あさひ法律事務所 フランクフルト&デュッセルドルフ事務所共同代表 パートナー弁護士・NY州弁護士)

プロフィール

西村あさひ法律事務所 パートナー弁護士・ニューヨーク州弁護士。フランクフルト&デュッセルドルフ事務所共同代表。コーポレート・M&A、知的財産法、コンプライアンス案件、リストラクチャリング案件、各国のデータ保護法への対応など企業法務全般を幅広く手がけ、日本経済新聞社による「2019年に活躍した弁護士ランキング」では、データ関連分野(企業票+弁護士票)で1位にランクイン、週刊東洋経済(2020年11月7日号)特集の「依頼したい弁護士」において、IT・個人情報・ベンチャー分野で選出されている。The Asia Legal Awards 2021の「Data Privacy Lawyer of the Year」に日本人で唯一ショートリスト入りしている。

参加対象 企業にお勤めの法務部、コンプライアンス部、海外事業部、人事・総務部の方など
※本セミナーにつきましては法律事務所所属の方(同業他社)のお申込みはご遠慮ください。
オンラインセミナー の受講方法

※本オンラインセミナーの配信方法はライブ配信(Zoom)、録画配信(VIMEO)にて配信します。
※お申込み受付完了後、別途セミナー視聴URLをお送りします  
■セミナーお申込み前にPC、インターネット環境をお確かめください。
■ライブ配信(Zoom)推奨環境:https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023
■録画配信は動画共有サイト「Vimeo」にて配信します。お申込み前にご確認ください。
 セキュリティの設定や動作環境によってはご視聴いただけない場合があります。
 ◎テスト動画視聴URL:https://vimeo.com/516602657 パスワード:Vg5J3Ld ※テスト動画視聴手順はこちら
■視聴時の推奨環境はこちら (※別途Google ChromeにVimeo repeat & speed拡張機能を追加すると倍速再生することも可能です)

主催

Business & Law 合同会社

問合せ先

Business & Law 合同会社 セミナー担当
Email : seminar@businessandlaw.jp

注意事項

※ご参加いただくにはWEBより事前のお申込みが必要です。

※同業者・競合する方、法律事務所所属の方と判断した場合等、主催者都合によりお申込みをお断りします。

※ご登録情報から所属先が不明な方等(会社名が不明、メールアドレスがフリーアドレスの方等)のお申込みについては、個別にご連絡することなくご視聴をお断りする場合がございますのでご了承ください。

※お申込みの方へは後日視聴URLをメールにてお送りいたします。迷惑メールフォルダに割り振られていることもございますのでご確認ください。

※お申込み1名につき、お一人のみの視聴に限定しております。複数名ご参加の際は別々にお申込みください。

※お申し込みの際にご提供いただいた情報は主催者からの案内等に使用させて頂きます。

※セミナー動画の録画録音、視聴URLの再配布につきましては一切禁止といたします。 

このセミナーに申し込む