© Business & Law LLC.

DETAIL

受講方法 ライブ配信:2022年7月14日(木)14:00~15:30※受付終了※ / 録画配信:7月下旬~
視聴時間 90分
概要

 ※本セミナーはZoomを利用したオンラインセミナーです。講演は日本語です。

 ここ数年、中国は、知的財産権保護強化に向け、法律・司法解釈の整備や裁判所の機構改革に取り組んでおり、「民法典」時代に突入した以降も、その歩みを止めることはありません。「民法典」を通じて、知的財産権の定義の統一、懲罰的賠償の導入を図ったり、民事、刑事、行政の各方面において、知的財産権に関する各法律や司法解釈等を公布・改正したりしています。数だけでいいますと、「民法典」公布以降、知的財産権に関し、新たに公布された法令と改正された法令の数は併せて100 近くありました。
 そこで、今回のセミナーでは、実務の視点から、知的財産権に対する民事上の保護を切り口とし、「民法典」公布後の重要な法令を整理しつつ、手続面(裁判機構の整備、仮処分の適用、証拠規則の整備)、実体面(著作権保護の強化、商標権保護の強化、特許権保護の強化、営業秘密保護の強化)について紹介いたします。

プログラム

一、法令俯瞰

 1. 「民法典」における知的財産権関連規定
 2. 「民法典」公布後の知的財産権関連規定

二、知的財産権保護強化の裁判実務の発展

 1. 手続面の改善(裁判機構の整備、仮処分の適用、証拠規則の整備)
 2. 実体面の改善(著作権保護の強化、商標権保護の強化、特許権保護の強化、営業秘密保護の強化)

 

金 暁特(Jin Xiaote)
方達法律事務所(Fangda Partners) カウンセル 中国弁護士

復旦大学法学学士、北海道大学法学修士(知的財産法専攻)。日本業務チームのカウンセル弁護士。
外商投資、知的財産、紛争解決、一般会社法務等の分野において10年近く実務の最前線で活躍し、特に日中間の投資案件や知的財産案件、日系企業の法務・知財サポートにおいて豊富な経験を有する。「新しい中国民法」など執筆にも積極的に取り組む。

参加費(税込) 無料(事前登録制)
参加対象 企業在籍の法務・知財・コンプライアンス・経営企画・事業部の方
オンラインセミナー の受講方法

※本オンラインセミナーの配信方法は、ライブ配信(Zoom)、録画配信(VIMEO)にて配信を予定しております。
※お申込み受付完了後、別途セミナー視聴URLをお送りします  
■セミナーお申込み前にPC、インターネット環境をお確かめください。
 セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合があります。当日視聴できない旨のご連絡をいただいても、対応いたしかねます。
■ライブ配信(Zoom)推奨環境:https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023
■録画配信は動画共有サイト「Vimeo」にて配信します。お申込み前にご確認ください。
 セキュリティの設定や動作環境によってはご視聴いただけない場合があります。
 ◎テスト動画視聴URL:https://vimeo.com/516602657 パスワード:Vg5J3Ld
 ※テスト動画視聴手順はこちら
■視聴時の推奨環境はこちら (※別途Google ChromeにVimeo repeat & speed拡張機能を追加すると倍速再生することも可能です)

主催

方達法律事務所(Fangda Partners)

後援

Business & Law 合同会社

問合せ先

Business & Law 合同会社 セミナー担当
Email : seminar@businessandlaw.jp

注意事項

※お申込み時のご登録情報は方達法律事務所(Fangda Partners)、Business & Law合同会社からの案内等に使用させて頂きます。

※同業者・競合する方と判断した場合等、主催者都合によりお申込みをお断りします。

※ご登録情報から所属先が不明な方(会社名が不明、メールアドレスがフリーアドレスの方等)は、個別にご連絡することなく視聴をお断りする場合がございます。

※お申込み1名につき、お一人のみの視聴に限定しております。複数名ご参加の際は別々にお申込みください。

<本ウェビナーにてお預かりする個人情報について>
・申込フォームに情報をご入力・提出いただいた場合、方達法律事務所(Fangda Partners)、Business & Law合同会社による個人情報の取り扱いに同意したものと見なします。
・提供後の個人情報については共催企業の個人情報保護方針(プライバシーポリシー)及び個人情報の取り扱いについての内容に従い管理されます。
 なお、本セミナーの共催法律事務所以外の第三者に提供することは、ご本人様の同意がある場合又は法令に基づく場合を除き一切ありません。
・提供を受ける第三者の個人情報の利用目的
 サービス、セミナー情報等を郵便、電話、電子メール等を通じてご案内するため
・提供情報
 氏名、役職、会社名、電話番号、住所、メールアドレス、業種、中国における事業会社・拠点の有無、申込経緯、事前質問
——————————————
【第三者提供先】
方達法律事務所(Fangda Partners)
■上海オフィス
中国上海市石門一路288号興業太古匯香港興業中心二座24階| 郵便番号:200041
代表: +86 21 2208 1166 | Fax: +86 21 5298 5599
■北京オフィス
中国北京市朝陽区光華路1号 北京嘉里中心北楼31階 | 郵便番号:100020
代表: +86 10 5769 5600 | Fax: +86 10 5769 5788
——————————————

このセミナーに申し込む